男性にとってのコンドーム

コンドームを使う男性は、女性を妊娠から守っているだけでなく、性病感染の可能性からも守っている、だから、そうした男性は間違いなく女性に対して責任感が強く、愛情が細やかである。確かに今まではそう思われてきましたが、現在では少し見方が変わってきているようです。

 

なぜなら、アメリカの大学研究グループが約250人の女子大学生の性生活について調査した結果、驚くべきことが判明しました。

 

その発見とは、相手の男性がコンドームを使っているので一度も精液に触れたことがない女子大生は落胆、原因不明の悲しみ、うつ病になり、さらには自雑も考えたことがある人数が、精液を体内に受け入れている女子大生に比べて格段に多かったというのです。

 

精液と精神的な健康との関係は医学的に簡単に説明がつきます。なぜなら、男性は女性性器の中に精子だけでなく、数々の物質を送り込んでいるからです。

 

特に各種の性ホルモンが含まれており、これらの物質は膣などから女性の血液循環の中に入り込み、女性の気分を明るくする効果が期待できるからなのです。

 

後は、コンドームを使用しているということで、完全にパートナー触れ合っていない、大事な部分では繋がっていないという表面上には表れない感情が、マイナスにはならいているとも予想できます。

 

しかし、性病・HIVなどの感染を考えるならコンドームの使用は性行為を行う上の義務として考えてほしいです。

 

性的虐待犯に男性が多いわけ

もしも友人の息子が裸でいるところを女性が写真にとっていても、ほとんどの人が女性を非難しないだろうが、反対に、裸でいる女の子を写真にとっている男性がいたら、ほぼ全員がこの男性に非難を浴びせるだろう。

 

アンケートを取るとこの行動を許すことができると答えた人は全体の4割でした。

 

同様に、母親が自分の息子の肌かのお腹を撫でるのを許すと回答した若者の方が、娘に対して同じことをした父親を許すと回答した、若者より多かったのです。

 

 

こうした傾向がみられるのは、「性的犯行の犯人は圧倒的に男性が多い。そこで女の子は小さいときから、悪い男に気を付けるように言われるが、男の子の場合には悪い女の人に気を付けなさいと言われることは少ない。」という事実に関連があるのです・

 

またそのため、刑事裁判になった場合には、市過疎犯罪行為の経過が不明瞭で、容疑者が男性の場合には、容疑者が女性の場合よりもはるかに強い偏見にさらされるのです。

 

ただし、この調査で逆の結果が出状況が一つだけありました。

 

十八歳の男の子が五歳年下の女の子と性行為に誘う行動は、半数以下しか不快に感じなかったのです。

 

逆に、十八歳の女の子が五歳年下の男の子を性行為に誘う行動には、半分以上の人に不快感があるというのです

 

ことによると昔から通年が働いているのかもしれません。つまり、男性の方が年上の場合には寛大に見るべきだが、逆の場合はアブノーマルをみなすという考え方です。

 

男性に自信を持たせる

男性というものは自分の能力を外に見せたいという願望があります。若い頃には男性どうして勃起したペニスの大きさを比べたり、射精する精液の距離を競ったり、硬さを比べたりなどです。

 

男は基本的には性行為に自信をもってはいないのですが、逆に、性行為関する自信を手に入れると、これ以上ないというほど、どんなことにも積極的に攻めていけるのです。サイズプロウルトラは、サイズをアップさせてくれるお薬です。

 

もう、何のコンプレックスを抱くことなしに行動できるのです。

 

学歴が高いとか、イケメンであるとか、あるいは収入が多いとか、そんなことは男性にとって、女性が化粧をするようなものです。もちろん、あるに越したことはないのですが、それらが完ぺきなだけでは男性は自信を持って攻める行動を起こすことができないのです。

 

ところが、性行為の能力は、じょせいの「すっぴん」と同じようなもので、そこに自信が持てないと、すべてに自信が持てないことになるのです。

 

そうなると必要以上に精神的に「女性上位」を気にするようになってしまい、つまらないことで女性を拘束しようとします。

 

男性の性行為に自信を持ってもらうには、あなたの技量も左右されます。ペニスのサイズや持続力に自信がない男性に自信を持たせるためには、あなたが彼よりも早く絶頂に達することです。

 

この一点だけクリアすれば、男性は性行為に自信を持つことができるようになるのです。

おススメサイトのご紹介

 

くすりエクスプレス クーポンお得通販【くすりエクスプレス.JP】⇒薬の個人輸入代行なら、くすりエクスプレスにお任せください。会員登録で割引クーポンや購入ごとにポイント還元など、お得に買い物をお楽しみいただけます。


2017/11/09 10:19:09 |
男性は女性と性行為について話し合うことを避ける傾向があります。自分自身との性行為をほかのだれかと比べられるのも嫌だし、かの時にひかれてしまうのではないかと性行為の話題を自然と裂けて家しまいがちです。しかし、彼女そその気にさせたいと考えているのなら、むしろ逆にどんどん話しかける方がいいのです。例えば、性行為の好みの話をしたり、自分自身がどのような時に気持ちがいいのかなどを打ち明けるのもいいでしょう。ただし、注意しなければならないのが、話題のするタイミングです。お互いのことを何もわかっていない段階で、性に関する話題をしてしまうと、体目的の男性だと思われかねません。いきなり制のことを題材にすると、ム...
2015/11/10 14:32:10 |
お金と引き換えに体を売る行為は、人の場合は大昔からあった。確かに私たちの祖先の倍は、お金でなく現物と引き換えだったが、ともかく生活に必要なお金の一部ないし全部を買春で賄っていた女性が常にいたことは間違いがない。これは典型的に人の生業といってしまえるかというと、そうではありません。確かに現金と引き換えではありませんが、それなりの報酬と引き換えです。最も有名な例はペンギンで、メスが何頭かのオスと次々に交尾して、その変わりに小石をもらっているところが観察されています。この小石をメスは巣作りに使うのです。巣を作っておけば、メスは卵と一緒に、雪解けの時期にも体が乾いたままでいられるのです。しかし、小石は...
2015/11/10 14:28:10 |
2002年初頭に、一本の法律がドイツで発行した。売春婦の活動をもはや反道徳的とは呼ばないようにするという趣旨の方で、売春婦の状態を大幅に改善するものだった。それ以来、売春婦は社会保険に加入できるようになったし、自分たちの権利を守るために告訴もできるようになった。しかし売春婦が社会の中で「疎外された集団」であり、自分たちの利益を代弁する労働組合のような組織を持っていない、という事実には変わりない、それとも自体は進歩しているのだろうか?実はドイツには、ヒドラという組合組織が存在していて、ベルリンに本部を置く、公的な組織であり、あらゆる点に関して全面的に売春婦を援助しようとしています。その規約による...